« 福井県 足羽川水系 部子川 2010.7.3. | トップページ | 今年の思い出の魚たち 2011 »

2011年1月 1日 (土)

年頭所感 2011年

 謹賀新年、今年も無事に2011年を迎えることができました。3年前にブログを始めてから、おかげさまで70000ヒットをこえました。ありがとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

H221120yubararainbow1_4

 昨日、遅ればせながら年賀状を投函しましたが、昨秋に湯原で掛けた自己記録更新の45センチのレインボーの写真とともに、以下の言葉を添えました。

『カメなりと たゆまなければ ウサギこゆ』

 真の幸福は、たゆまぬ努力をして、日常生活の中で善根を積むことから生ずるものだと知らされます。

 と、毎朝拝読しております、私の仏教の善知識、高森顕徹著『光に向かって百の花束』の冒頭から引用させて頂きました。これはただの引用ではなく、私が日々実践させて頂いている実感なのです。

 この度『光に向かって百の花束』が、鈴木弘子さん朗読のDVD版として発売されます。昨年には新装版が発売されていますので、ぜひ書店にて手にとって御覧下さいませ。

 去年は私にとって、年明け早々に、高機能自閉症という脳の発達障害が生まれつき持っていたことが判明し、昨夏仕事中に右手首をTFCC負傷するなどして、大変な年でした。ケガの痛みは年末に落ち着き、ホッとしましたが、軟骨部のヒビは完治した訳ではないために、今後も激しい運動や作業には注意が必要です。

 ですから、釣りのほうは2ヶ月に1回の釣行となってしまい、業務の多忙さも重なって、ブログの更新もままならなかったのです。

 2009年春から、ようやく毎朝の朝勉強の習慣が身に付きました。公害防止管理者水質4種は受かりませんでしたが、勉強2年目にして水質概論と汚水処理特論は科目合格して、朝勉強の成果が現れはじめました。あとは公害総論の科目合格を目指します。

 それと、引き続き高森先生の、『顕真』、『白道燃ゆ』、『光に向かって百の花束』、『こんなことが知りたい』を毎朝拝読して、私の人生の羅針盤を常に見つめ直し、教学聖典3号を受験いたします。

H221107tetyou_2

 そして2009年夏の私の誕生日より、毎日フランクリンプランナーで、毎日の生活費と仕事以外のスケジュールを管理するようにして、私の人生の価値観を犠牲にすることがないよう、仕事と、仏教、家のかたづけ、釣り、オートバイ、ブログ更新など、プライベートのバランスがしっかりととれるようにいたします。個人再生の弁済もようやく半分終わらせました。残り半分、2012年5月まで、引き続き弁済を遂行していきます。

 ほかには、7月に障害年金の申請、9月に5年目のエブリィワゴンと、8年目のW650の車検を済ませます。

 余談ですが、W650が2008年秋に生産終了して、2年間の沈黙の後、今年2月には、W800としてWが復活するのは、本当に嬉しい限りです。

 カワサキさん、ホンマにアリガトーウ!!

 あと、釣りのほうでは、去年からは渓流の実釣でチェコニンフの有効性を実証でき、早春の低水温下での千種川のアマゴ、お盆休みの長野県末川のイワナ40匹爆釣、そして昨秋に湯原で45センチをかけることができて、ニンフの釣りをほぼマスターできました。

 けれども、12月に再度湯原に2回釣行したときに、明らかに5、60センチクラスをかけてバラしてしまいました。今年は2ヶ月に一度湯原に釣行して、なんとか60オーバークラスを仕留めたいものです。

 以上、個人再生の弁済や資格試験なども大切ですが、これらはあくまでも人生の目標と言われるものであって、人生の
付録にすぎません。ただのヌカ喜びですわ。

 そんな目標ばかりでは、釈尊の「大命将に終らんとして、悔懼交至る」の御言葉通り、後悔と懼れしか出てこない、悲惨な人生の結末で終わってしまいます。あり余ったお金や財産、肉親などこの世のものは、死後には持っていけないのです。

 自分にとって最も大切なのは、人間としての生きる目的、毎日苦しくても生きねばならない理由です。それは、仏教で教えられる、後生の一大事の解決と他力の信心決定以外にはありません。

「自分は死ねばいったいどうなるのだろうか?」

 私はこの後生の一大事解決のために、これまで自分に出来る範囲で破邪顕正してまいりました。それによって自己の悪性が知らされてきましたが、無慚無愧とは知らされてきません。けれども、阿弥陀仏十九願の修諸功徳のすすめに従って善を積ませて頂くしかありません。それが破邪顕正、自利利他となって、やがて必ずや信心決定に結びつくものと信じて、たゆまぬ努力精進をさせて頂くしかありません。

 自分の後生は他人が解決してくれる訳ではない、知らされてくるまで愚直に自分で日々善を実践させて頂くしかないのです。

 欲、瞋恚、愚痴の人間の三毒の煩悩、世間が自分のままにならぬと怒ったり、食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲の五欲に溺れて我を忘れて自己をごまかしたり、才能や境遇で私よりも優れた他人に愚痴をこぼす無駄な時間やカネなどないのです。三毒の煩悩に我を失うわけにはいかない。

 過去のブログの記事の通り、私はこれまで生まれつきの高機能自閉症を知らずして、クレジットカードでオートバイに釣りに散財して600万円も借金を作ってしまい、大変取り返しのつかないことをしてしまいました。

 おかげで、結婚子育てといった世間体の幸せなどは、今年39歳になってしまう私には、もはや望む資格はありません。コミュニケーションの苦手な発達障害者の私には不可能で、重荷にすぎないとはっきり知らされました。

 かといって、私の過去の過ちに囚われて、阿弥陀仏十九願の修諸功徳のすすめに反して、今この歩みを止めてしまったのでは、私の信仰は進みません。人間として生まれてきた所詮がありません。光陰矢の如しのような短い人生のうちに、只今生きているうちに生きた阿弥陀仏の救いには決して遇えません。

『更に親鸞珍しき法をも弘めず、如来の教法をわれも信じ、人にも教え聞かしむるばかりなり。』 (蓮如上人 御文章)

 この御金言の通り、一日も早く人間出世の本懐を果たすために、毎日一日一日を完全燃焼できますよう、前向きに悔いのない日常生活を過ごし、仏縁には積極的に近づいて真剣な聴聞に身を沈めて、実りのある人生にいたします。

 以上、年頭所感といたします。

|

« 福井県 足羽川水系 部子川 2010.7.3. | トップページ | 今年の思い出の魚たち 2011 »

仏教、人生論」カテゴリの記事

コメント

小物釣り師様、あけまして、おめでとうございます。

ブログ更新いただき感謝いたします。
お元気な様子をうかがえました

新年北浦のたなご屋へ行きましたが、休みでした、報告致します。

投稿: 枯れすすき | 2011年1月 1日 (土) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503603/50461978

この記事へのトラックバック一覧です: 年頭所感 2011年:

« 福井県 足羽川水系 部子川 2010.7.3. | トップページ | 今年の思い出の魚たち 2011 »