« 2016年9月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016年 今年のお魚たち後半

2016年7月9日
滋賀県湖北の用水路

いつものポイントで、ひさびさギンリンヤリタナゴ。たまに良型で、婚姻色が綺麗なカワムツが。びっくり。そこも、小物釣りの楽しみ。

1483165967912.jpg

1483165968595.jpg


2016年8月11日
東京都 養沢自然釣り場

今年のお盆休み遠征。先ずは、初めての養沢。
戦後まもなくできた、由緒ある釣り場。
ここが、東京都とは思えない、びっくり。


1483167524812.jpg

1483167525646.jpg

そして、入渓してまもなく、こちらのレインボーが。ヤター。ドロッパーの14番オレンジアンドパートリッジにきた。立派ですあ。
けども、お目当てのヤマメは釣れず、バッチは貰えず、トホホ。また来年。

1483167526628.jpg

1483167527354.jpg

2016年8月12日
山梨県 忍野

お次は、2012年から連続定番の忍野。お盆でも、ご覧のフライマンだわ。いつもながら、びっくり。

1483168894523.jpg

1483168900505.jpg

釣り時々観察。へちまにひまわり。夏だなあ。

1483168903924.jpg


そして、イブニング。自衛隊橋にて、唯一のレインボー。ほっ。フライは定番の12番シルバーマーチブラウン。

1483168901447.jpg

1483168902357.jpg

1483168903064.jpg

2016年8月13日
3日目は釣りはお休み。岡田紅陽博物館で、オールドタックルの展示会。しびれましたな。

1483169917748.jpg


移動して、長野県松本市のなごみ庵にて、柴野邦彦さんの絵画展。

こちらのお宝を、ゲット。癒されますなあ。
臨時出費でしたが、このような出会いも遠征のお楽しみ。

だから、遠征は止められないですな。

1483169918560.jpg

1483169919114.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

2016年 今年のお魚たち前半

2016年1月から6月

2016年1月2日 
岐阜県長良川 月見が原管理釣り場

ここ数年の恒例行事。こちらは名川の長良川。場所が開けて、ダブルハンドの練習には丁度いい。そんな中での初釣りレインボー。

1483153423519.jpg

1483153422408.jpg

2016年3月21日
兵庫県加古川市内 近所の用水路

こんな近所にも、ヤリタナゴが。うれし。桜の開花前に、うっすらと婚姻色が。

1483155153641.jpg

1483155164417.jpg


2016年5月8日
兵庫県加古川市内 別府川

イブニングでかけた、増水前の最後のコイ。うれし。

1483156474867.jpg

2016年5月13日
滋賀県湖北の用水路

降誕会前日の釣り。牧歌的な雰囲気の中、見事な婚姻色のギンリンヤリタナゴ。

alt="1483156280435.jpg ">

1483156284418.jpg


2016年5月28日
兵庫県加古川市加古川左岸

自宅ワンルーム近所にて、ポイント探索。
14番ビーズヘッドニンフで、ギル爆釣。

1483157676527.jpg

1483157677197.jpg

2016年6月18日
福井県足羽川水系部子川

梅雨の中休み。富山参詣前日の釣り。
しばらく行かないうちに、足羽川ダムの建設が進み、数戸の民家が無くなっていた。少し寂寥感を引き摺りつつ、今シーズン初めての、イワナとヤマメちゃん。

1483160142558.jpg

1483160153396.jpg

1483160154311.jpg

こちらが、ストマックの内容。フライは、16番クイルボディパラシュート。御参考まで。

1483160155278.jpg

そして、この河川は来年以降は無くなっているかもしれないので、記念撮影。

1483160156093.jpg

2016年6月26日
兵庫県加古川市内用水路

月末でお金がないときは、よくこちらの用水路でマブナ釣りもします。

田植えのシーズンで増水しており、御覧のマブナちゃんが顔を出してくれます。

こちらは、14番ビーズヘッドアカムシで出た、良型のマブナ。うれし。

1483160935076.jpg

そして、自作の竹ぼうきの竿に、黄身練りの仕掛けでも、そこそこ楽しめます。癒されますな。

1483160944764.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年1月 »