« 2016年12月 | トップページ

2017年1月

2017年1月 1日 (日)

年頭所感2017

年頭所感 2017年

謹賀酉年、本年もよろしくお願いいたします。

昨年2016年は、2月にケータイ屋でトラブルを起こして10万円の罰金。3月環境計量士は2回目の落第。6月に受験した初めての簿記3級も不合格。私の衝動性が露呈してしまった。

反面、3月から会社でDMM 英会話を始めた。学生以来20年もブランクがありましたが、始めて半年でCASEC 500点をとり、現役学生の真ん中にこぎつけた。そして10月、私の資格10個目である、公害防止管理者大気1種を4年がかりで取ることができた。

これは、過去6年間いた前部署の、借金まみれで荒んだかつての刹那的な私とのけじめをつけるためでもありました。そして昔のクレジットカード借金まみれから、昨年ようやくわずかな貯金ができました。2008年から8年もかかった。遊び呆けた10年間含めて、18年も人生を棒に振った。同世代の連中は、結婚子育てして家庭を持っているのに、私は親不孝の限りだ。だから、障害者なのだ。私が頑張っていても限界はある。これ以上、無惨な過去は要らない。

今年は、3月環境計量士3回目の受験、6月簿記3級の2回目の受験、8月毒物劇物管理者試験、10月公害防止ダイオキシン類を受験して合格する、CASEC はTOEIC 600点相当を目指します。

けども、これらは所詮、生き甲斐、人生の目標に過ぎない。死んで持ってはゆけない。私は生まれつきの障害者で、結婚子育ては難しく、頼れる家族は居ないから、自分の生きている間の食い扶持、つぶしがきくようにしているだけだ。そして、苦しくとも生きねばならない理由、人生の目的は、他力の信心獲得。永の迷いの打ち止めをさせて頂くことだ。

私は過去に借金で身を潰し、2014年マイカーの大事故で九死に一生を得た。人一倍、自己の罪悪と無常を痛感している私には、これまで通り、仏教しかない。この歳から結婚子育てしても、それらではもはや、私の求める幸せは得られない。生きているうちに、一日も早く生きた阿弥陀仏の救いに預かることだ。そのためには、たゆまぬ聴聞一つだ。

「一。至りて堅きは石なり、至りて軟なるは水なり、水よく石を穿つ。「心源もし徹しなば、菩提の覚道何事か成ぜざらん」といへる古き詞あり。いかに不信なりとも、聴聞を心に入れて申さば、御慈悲にて候間、信を獲べきなり。只仏法は聴聞に極まることなりと云々。」(蓮如上人 御一代記聞書)

一言で言えば、精進。たゆまぬ努力。具体的には、毎月聴聞を続ける。朝勉強で資格をとる。世間と折り合いをつける努力をする。これで、生まれつきの高機能自閉症という発達障害を乗り越えてきた。今年の目標を一つでも達成できるように努力いたします。

今年一年間、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ